車売る チェック

車売る際にチェックされることは?

車売る時に、査定では一体どのような部分を見られるのでしょうか?事前に分かっていることで対処できる部分があればやっておきたいですよね?ここでは車売る時のチェック項目について紹介しましょう。まずはインターネットの査定サイトなどであなたの実車をチェックしなくても出てくる概算見積りというのがあります。これを出しているチェック基準は、あなたの車種、年式、そして走行距離から算出されております。この概算を元にして実車でのチェックが加味されるのです。

 

査定士がチェックするのは、まず外観と内装です。キズやヘコミが無いかというのはもちろん、内装についてはキレイに使われているかという部分が大きい査定基準です。また、タバコの臭いがしないかなども査定基準です。次にエンジンをチェックします。もし過去に事故の経験がある場合は事前にお知らせするようにしましょう。事故車かどうかについては、査定士があっさりと見つけますので、隠すのは査定ダウンへと繋がってしまいます。

 

そしてフロント、リヤ、下回りも入念にチェックします。足回りについては、タイヤの残り溝もチェック項目です。特に冬タイヤを装着しての査定は、スリップラインが出ていることで査定ダウンとなってしまいます。最後に誰もが出来る査定ダウンを防ぐ方法として、洗車と内装クリーニングをオススメします。特に内装ではトランクルームやリヤシートの荷物を外すだけでもかなり印象が変わります。車売るその前に、少しあなたの愛車をチェックして見てくださいね。