車売る キズ

車売る前に、そのキズはどうします?

車売る前に、査定ダウンが怖いキズが付いている場合ってありますよね?そのキズが元でせっかく価値のある車種でも大きく査定額がダウンしてしまったらショックです。では修理してから査定に出すと高額査定も手に出来るのでは?と思っている方も多いでしょう。しかしそれ、間違えた判断かもしれません。車についているキズは、修理したほうが良い場合と、そのまま修理せずに査定に出したほうが良いケースがあります。ここではその判断基準について紹介しましょう。

 

車売る際の査定ダウンとなるキズ、判断基準としてはその修理に価格費用です。例えばキズの程度が大きく修理業者に依頼しなくてはならない場合、お安い場合であっても5万円以上は小さなヘコミ程度でも請求されるケースが多いことでしょう。この場合は、査定ダウン額と修理費用を照らし合わせた場合はほとんどが修理費用の方が多くなってしまいます。ですので、費用が大きくかかってしまうキズの場合はそのまま査定に出すべきでしょう。

 

一方で、小さなこすりキズでありホームセンターやカーショップなどで販売されている2,000円〜3,000円程度のリペアグッズで修復が可能な場合は、試してみても良いでしょう。消えた場合は査定ダウンを防げることもあります。しかし、リペアグッズをあまり使ったことが無いという方は、キズを広げてしまう可能性もありますので無理はしない方が良いです。このように、車売る際には修理に出すほどのキズやヘコミはそのまま査定に出したほうが良いですので、ぜひご参考になさってください。