車売る 必要書類

車売る際の必要書類

車売ると決断をし、いざ査定をしようという方へ。必要書類は整っていますか?実は車売る際には事前時準備をしておかなくてはならない書類があるのです。ここではその内容を紹介しましょう。まずは普通自動車の場合です。自動車検査証は車に入っていますか?もし紛失してしまった場合はお近くの運輸支局で再発行してもらいましょう。次は自賠責保険証明書です。車検時に更新しているかと思いますので、こちらを確認。

 

続いて自動車税の納税証明書。もし無いという場合は税事務所や自動車税事務所で発行してもらいましょう。続いて自動車リサイクル券、そして契約書類に使用する実印と印鑑証明書。これは発行後3ヶ月以内のものとなります。各役所で発行してもらいましょう。また、車検証の住所と現住所が変わっている場合は住民票が、結婚して姓が変わっているという場合は戸籍謄本も必要です。もし住所が2回以上変わっているという場合は、住民票と戸籍の附票か除票が必要となります。

 

軽自動車の場合は、実印や印鑑証明書は必要なく、認印のみで問題ありません。なお、委任状や譲渡証明書などの書類は、買取業者などを通して売却する場合には業者が用意した書類に記入するということとなりますので、特に用意する必要はありません。このように車売る際には事前に準備しておかなくてはならない書類があります。特に住民票や納税証明書、印鑑証明書などを忘れてしまうと、時間によってはすぐに売却出来ず翌日以降となってしまうことがありますので、あらかじめ忘れずに用意しておきましょう。